産み分けする前に大事な予防接種!

妊活中に注意すべき事・やっておく事といえば 予防接種だと思います。

これは有名な話ですが、一番注意するべきなのはやはり風疹ですね。

 

妊娠初期に風疹にかかってしまうとお腹の赤ちゃんにも影響があると言われており、難聴や心臓の疾患、目の疾患の他にも身体や脳に障がいを持った赤ちゃんが生まれる可能性が高くなるといいます。

 

この風疹による影響は、妊娠の週数が早い程大きいと言われており、妊娠4週目から6週目だと100%、7週目から12週週目で80%、13週目から16週目で45?50%、17週目から20週目で6%、20週目以降では0%にもなるそうです。

かなり高い数字ですよね。

 

しかも妊娠4週目から6週目なんていうとまだ妊娠に気づいていない人の方が多い時期だと思います。

 

それなのに知らずに風疹に感染してしまったら…と思うと恐ろしいですね。

近年は海外旅行に行く人が多いシーズンの後に風疹が流行している事が何度かある為、注意が必要だと思います。

 

私も妊娠中に風疹が流行した事があり、その時はこまめにニュースをチェックしていましたが、かなり早いスピードで感染が広まっている印象でした。

 

一般的風疹の抗体は32倍程あれば大丈夫と言われています。

 

しかし、私は不妊治療のクリニックに通っていた為、検査項目に含まれており調べられましたが、特にそういう検査をしていない人は自分に風疹の抗体があるのかどうかわからないと思います。

 

また、年代によっては風疹の予防接種を子供の頃にちゃんと受けられていない世代がありますので注意が必要です。

 

不妊治療のクリニックでは風疹の抗体がない患者さんに対しては、予防接種をして抗体がついてから不妊治療を始めるように指導する程大切な項目なので、風疹に関しては結婚した時点かまたは結婚が決まった時点で調べておいても良いと思います。

 

ちなみに妊娠初期には必ず調べますが、妊婦健診が始まるのはだいたい10週目前後なので少し遅いですから、やはり妊娠前に調べておいた方がいいですね。

 

あと予防接種といえば忘れてはならないのがインフルエンザです。

 

インフルエンザウィルスによる胎児への影響は、まだはっきりとわかっていないようですが、妊娠中は抵抗力が落ちている為インフルエンザにかかってしまうと重症化しやすいのです。

 

私はインフルエンザにはかかりませんでしたが、風邪がなかなか治らず長引いて苦労しました。

妊娠中でもインフルエンザの予防接種は受ける事ができるのですが、妊活を意識した時期が10月頃であるならば、今後の流行に向けて受けておくのをオススメします。

 

 

冷えが最大の敵!妊活では冷やさないことが大事♪

妊活中は身体を温める生活をしましょう。

身体の冷えは子宮や卵巣に影響します。

 

基礎体温を測定されている方で、基礎体温が低い、高温期が短い、高温期になるのに時間がかかる、高温期の途中で基礎体温が一時的に下がるというような症状がみられる場合、冷えが影響していることがあります。

 

冷えにより血液の循環が悪くなることで、子宮や卵巣の機能が低下してしまうことが原因だと言われています。

温活のために、「靴下を履きましょう」「腹巻をしましょう」などという情報は一般的で、もちろん間違ってはいないと思います。

 

しかし腹巻や何枚もの靴下などで、外からばかり温めても身体の中が冷えていたら意味がありません。

 

むしろ外から温めているだけでは、身体の中から温める本来の力が低下してしまうのではないでしょうか? 私自身も、以前はもこもこ靴下を履いているから、足首の冷えは大丈夫!と考えている時期がありましたが、一部を温めても、次は違う部分が冷えて辛い(靴下を履いても靴下とズボンの境目の皮膚が出ているとこが冷えるなど)…という感じで、冷え性は変わってないんだなあと実感することがありました。

 

内から身体を温めるためには、食生活や運動が大切です。

 

今回は食生活についてお伝えします。

 

①冷えたものを摂らないようにしましょう。

アイスや冷えた飲み物などです。

飲み物は暖かいもの、もしくは常温のものを飲用しましょう。

 

②旬の食材を食べましょう。

やはり旬の食材というのは、その時期に最適な食材ということになります。

冬であれば、大根や白菜、ブロッコリー、ごぼう、人参など…他にも沢山ありますが、これらは身体を温めてくれる食材です。

今はビニールハウスなどで育てることで、一年中収穫できる野菜も多いですが、旬の季節にできた野菜は栄養素もたっぷりですから、もう一度野菜の旬の時期を知り、お買い物の際はぜひ旬の食材を選んでいただきたいと思います。

 

調べて始めると、妊活や温活に関して、様々な情報が飛び交っていることと思います。

しかしあまりにも偏った情報を信じてしまうと、毎日の生活が辛くなってしまいませんか? 旬の食材を摂ることが身体に良いということは、皆さんご存知だと思います。

 

旬の食材であれば、スーパーでも安く売られていますし、調理法も季節に合ったレシピが沢山ありますし(冬ならお鍋に使える食材がたくさん!)、実践しやすいと思います。

 

あまり考えすぎずに、できる範囲で食生活を見直してみましょう。

靴下とレッグウォーマーを履いたから大丈夫!腹巻を巻いたからお腹はもう冷えない!靴下は常に履いておかないといけない! …違うんです。

 

ぜひぜひ内側からの温活をしてみてください。

 

体を温めて妊娠しやすい体にしましょう! 体を温めると妊娠力が高まるということはよく言われています。

 

私自身も妊活していた時、体を温めることにはとても気を使いました。

冬でもあったのでできるだけきちんと湯船につかって毎日体を温めたり、 靴下の重ね履き、スポーツ観戦などアウトドア向けの巻きスカートでお腹周りをあたためる、レッグウォーマー着用などを続けました。

妊活

食事では、暖かい時期・地域の食材を避けるようにし、できるだけ旬の野菜をとり、砂糖は上白糖をやめててんさい糖に変えるなどしていました。

 

冷たい食べ物を避け、温かい食べ物をとるように心がけました。

 

また、まだ一人も子供がおらず時間が取れたことから、ヨガやエアロビクスに通ったりして運動もしていました。

 

当時住んでいた地域の市営スポーツ施設が利用でき、民間のジムより格安でクラスに参加できたという好材料あってのことでもありましたが。

 

今思うと「こんなにいろいろやっていたのか」と思いますが、体を温めるために一番重要だったと感じることがもう一つあります。

 

病院の不妊治療に3か月通った時点で、これだけではだめなのかも?と思い、 鍼灸・整体に通うことにしたのです。

不妊治療を扱っている地元の整体に週2回ほど通い、整体を中心に鍼灸もしてもらいました。

 

妊活目的だけで通っていたら、効果の有無ははっきりしなかったかもしれませんが、 もともと痛めていた首の様子が通い始めて5~6回で好転してきたときに思いました。

「これは効果があるのでは?」と。

 

首はずいぶん前に痛めてなかなか治らなかったのですが、その後もじわじわと良くなっていきました。

 

そのことから言えますが、血流を良くして体を温めることにかけては、鍼灸・整体は効果がありますよ! 私自身、整体に通いだして3~4か月で妊娠しました。

早いうちから整体に行き始めたので、体質改善の結果が早く出たのだと感じています。

 

やり方が体に合う・合わないとか、施術してくれる先生との相性などもあるので、 どこでも誰でもおすすめできるというわけにはいきませんが、 鍼灸・整体そのものは妊活中の方におすすめできると思います。

 

私が通ったのは秋から冬の時期だったので寒かったのですが、冷えも段々と軽くなっていくような感じがありました。

 

現在も二人目が欲しいと思っていますが、すでに一人いるので前回のように時間とお金をつぎ込むことはできず、 自宅でできる範囲の冷え対策と病院での不妊治療で頑張っています。

 

妊活中の皆さん、体を温めて冬の時期もがんばりましょうね!

妊活で何より大事な食事・栄養管理

妊活に注意することは普段の食生活です。

 

普段の食事で妊娠しやすい状態に導くためのポイントや積極的に摂取したい栄養素や食材を紹介します。

 

妊活中の食事は出来るだけ決まった時間に3食きちんと食べることです。

 

そして、外食が多い方は回数を減らし、外食のメニューも食材の品数が多い定食を選ぶようにします。

 

そして、妊活中の男性女性に積極的に摂取したい栄養素を知っておくことも大切です。

 

まず、男性は「亜鉛」です。

 

亜鉛は精子を元気にし、男性ホルモンのテストステロンの生成に役立ちます。

 

亜鉛が多く含まれている食材として牡蠣、蟹、煮干し、牛肉、レバーなど魚介類を中心に含まれています。

 

女性は「葉酸」を積極的に摂るようにします。

 

葉酸は妊活中に特に大切な栄養素と言われているからです。

 

また、妊娠初期に起こる胎児の神経管閉鎖障害を予防してくれる効果も期待できます。

 

葉酸が多く含まれている食材としてホウレンソウ、ブロッコリー、菜の花、モロヘイヤ、枝豆、納豆、そら豆、ひよこ豆、ライチ、アボカド、いちごが挙げられ、特に葉物野菜に多く含まれています。

栄養バランス

葉酸は食事だけで摂取するのは大変で、厚生労働省は妊活中の女性が1日に必要な推奨量240?に加えて栄養補助食品で400?を摂取することが望ましいと発表しています。

 

この量を食事だけで補うのは難しいので、サプリメントも併用し葉酸を摂り入れていくことが必要です。

 

妊活中に摂取したい栄養素や食事として亜鉛や葉酸の他に、身体を温めるにんじん、ごほう、かぼちゃなどの根菜類、ショウガやネギなどの薬味、さくらんぼや桃を摂り入れることで血流を良くして、妊娠しやすい身体作りに役立ててくれます。

 

特に女性は筋肉量が少ないため冷えに悩んでいる人も多いので、身体を温める食材を摂り入れて、血流を良くして冷えから身体を守ることが必要です。

 

さらに女性は貧血になりやすい方も多いので、貧血防止として効果が期待できるプルーン、レバーなど鉄分を多く含む食材も摂取するのも良いです。

 

身体を作るたんぱく質を摂り入れることも妊活中の食事に必要です。

 

肉、魚、卵、乳製品、納豆などの大豆製品、チーズにたんぱく質は多く含まれており、特に肉や魚はたんぱく質が効率良く摂取できるので普段の食事で意識して摂り入れていきます。

 

注意したいこととして、妊活に良い食事や栄養素を意識し過ぎてストレスが溜まってしまわないようにすることです。

 

妊活に良い食事や栄養素を摂り入れることは大切ですが、それに固執し過ぎず朝食に納豆をプラスする、温めなくても良くそのまま食べられるチーズや豆腐をプラスする、サプリメントを活用するといった手軽に摂取できる方法を活用していくと妊活中のストレスを増やしてしまうリスクを減らせます。

 

体を温めることが妊娠への一番の近道!

妊活中に注意すべき事は沢山ありますが、まずは体を温める事だと私は感じています。

 

妊活中でなくても女性にとって冷えは大敵なのですが、体の冷えによって卵巣の働きが悪くなる事もある為、妊活中は特に「温活」を意識した方が良いと言えるでしょう。

 

ちなみに体を温める方法は沢山ありますが、おススメで手っ取り早いのは「腹巻パンツ」ですね。

産み分け用アイテム

私も履いておりましたがお腹周りとお尻周りという正に子宮に近い部分を温める事ができますし、薄い生地でも一枚履くだけで体がポカポカと温かくなり基礎体温も上がりました。

 

その他には「3つの首」と言われる、手首・足首・首を温めるのもおススメです。

 

首の部分はタートルネックやマフラーで、手首は手袋やアームウォーマーで、そして私がこの3つの中で一番大切だと感じている足首は重ねばき靴下が効果が高いです。

 

私はシルクの五本指ソックスと普通のシルクのソックスを二枚重ね履きしていたのですが、以前ならすぐ冷たくなっていた足先が冷える事がなくなり快適でした。

 

本格的にやる人は5枚程重ね履きする方もおられるそうですが、それだと外出時は靴を履きづらくなってしまうので、二枚でもシルクのものなら十分効果はありますし良いと思います。

 

シルクの保温効果はとても高いので、少しお値段はしますが是非シルク100%のものがおススメです。

 

その他、体を温める方法としては白湯もおススメですね。

 

私はポットで沸かしただけのお湯でしたが、これを朝一番に飲むと非常に体がポカポカしてきます。

 

胃腸もしっかり動き出すようでお通じが良くなるのも嬉しいです。

 

なるべく暑い夏でも冷たい飲み物は飲まずに、温かい飲みものを取るようにするのが望ましいですね。

 

また、温かい飲みものでも砂糖は体を冷やすと言われていますので、なるべく砂糖の入っていない甘くない飲みものが良いと思います。

 

夜寝る前のお白湯は寝つきも良くなってぐっすり眠れるようになりますので一石二鳥です。

 

あとは生姜をよく取るのも妊活のための温活に効果があります

 

紅茶に入れて飲むのも良いですし、私の場合は毎日お味噌汁に入れて飲んでおり、飲んだ後はものすごく体がポカポカと温かかったです。

 

毎日すりおろすのは面倒なのでチューブの生姜を使っておりました。

 

もともと体温が低かった私ですが、このように毎日体を温める事を意識して生活したところ、基礎体温は綺麗に上がり、低温期と高温期が綺麗に分かれるようになりめでたく妊娠する事ができました。

 

その他にも体が疲れにくく風邪をひきにくくもなり、やはり健康や妊活と冷えは切り離せない関係だと感じています。