冷えが最大の敵!妊活では冷やさないことが大事♪

妊活中は身体を温める生活をしましょう。

身体の冷えは子宮や卵巣に影響します。

 

基礎体温を測定されている方で、基礎体温が低い、高温期が短い、高温期になるのに時間がかかる、高温期の途中で基礎体温が一時的に下がるというような症状がみられる場合、冷えが影響していることがあります。

 

冷えにより血液の循環が悪くなることで、子宮や卵巣の機能が低下してしまうことが原因だと言われています。

温活のために、「靴下を履きましょう」「腹巻をしましょう」などという情報は一般的で、もちろん間違ってはいないと思います。

 

しかし腹巻や何枚もの靴下などで、外からばかり温めても身体の中が冷えていたら意味がありません。

 

むしろ外から温めているだけでは、身体の中から温める本来の力が低下してしまうのではないでしょうか? 私自身も、以前はもこもこ靴下を履いているから、足首の冷えは大丈夫!と考えている時期がありましたが、一部を温めても、次は違う部分が冷えて辛い(靴下を履いても靴下とズボンの境目の皮膚が出ているとこが冷えるなど)…という感じで、冷え性は変わってないんだなあと実感することがありました。

 

内から身体を温めるためには、食生活や運動が大切です。

 

今回は食生活についてお伝えします。

 

①冷えたものを摂らないようにしましょう。

アイスや冷えた飲み物などです。

飲み物は暖かいもの、もしくは常温のものを飲用しましょう。

 

②旬の食材を食べましょう。

やはり旬の食材というのは、その時期に最適な食材ということになります。

冬であれば、大根や白菜、ブロッコリー、ごぼう、人参など…他にも沢山ありますが、これらは身体を温めてくれる食材です。

今はビニールハウスなどで育てることで、一年中収穫できる野菜も多いですが、旬の季節にできた野菜は栄養素もたっぷりですから、もう一度野菜の旬の時期を知り、お買い物の際はぜひ旬の食材を選んでいただきたいと思います。

 

調べて始めると、妊活や温活に関して、様々な情報が飛び交っていることと思います。

しかしあまりにも偏った情報を信じてしまうと、毎日の生活が辛くなってしまいませんか? 旬の食材を摂ることが身体に良いということは、皆さんご存知だと思います。

 

旬の食材であれば、スーパーでも安く売られていますし、調理法も季節に合ったレシピが沢山ありますし(冬ならお鍋に使える食材がたくさん!)、実践しやすいと思います。

 

あまり考えすぎずに、できる範囲で食生活を見直してみましょう。

靴下とレッグウォーマーを履いたから大丈夫!腹巻を巻いたからお腹はもう冷えない!靴下は常に履いておかないといけない! …違うんです。

 

ぜひぜひ内側からの温活をしてみてください。

 

体を温めて妊娠しやすい体にしましょう! 体を温めると妊娠力が高まるということはよく言われています。

 

私自身も妊活していた時、体を温めることにはとても気を使いました。

冬でもあったのでできるだけきちんと湯船につかって毎日体を温めたり、 靴下の重ね履き、スポーツ観戦などアウトドア向けの巻きスカートでお腹周りをあたためる、レッグウォーマー着用などを続けました。

妊活

食事では、暖かい時期・地域の食材を避けるようにし、できるだけ旬の野菜をとり、砂糖は上白糖をやめててんさい糖に変えるなどしていました。

 

冷たい食べ物を避け、温かい食べ物をとるように心がけました。

 

また、まだ一人も子供がおらず時間が取れたことから、ヨガやエアロビクスに通ったりして運動もしていました。

 

当時住んでいた地域の市営スポーツ施設が利用でき、民間のジムより格安でクラスに参加できたという好材料あってのことでもありましたが。

 

今思うと「こんなにいろいろやっていたのか」と思いますが、体を温めるために一番重要だったと感じることがもう一つあります。

 

病院の不妊治療に3か月通った時点で、これだけではだめなのかも?と思い、 鍼灸・整体に通うことにしたのです。

不妊治療を扱っている地元の整体に週2回ほど通い、整体を中心に鍼灸もしてもらいました。

 

妊活目的だけで通っていたら、効果の有無ははっきりしなかったかもしれませんが、 もともと痛めていた首の様子が通い始めて5~6回で好転してきたときに思いました。

「これは効果があるのでは?」と。

 

首はずいぶん前に痛めてなかなか治らなかったのですが、その後もじわじわと良くなっていきました。

 

そのことから言えますが、血流を良くして体を温めることにかけては、鍼灸・整体は効果がありますよ! 私自身、整体に通いだして3~4か月で妊娠しました。

早いうちから整体に行き始めたので、体質改善の結果が早く出たのだと感じています。

 

やり方が体に合う・合わないとか、施術してくれる先生との相性などもあるので、 どこでも誰でもおすすめできるというわけにはいきませんが、 鍼灸・整体そのものは妊活中の方におすすめできると思います。

 

私が通ったのは秋から冬の時期だったので寒かったのですが、冷えも段々と軽くなっていくような感じがありました。

 

現在も二人目が欲しいと思っていますが、すでに一人いるので前回のように時間とお金をつぎ込むことはできず、 自宅でできる範囲の冷え対策と病院での不妊治療で頑張っています。

 

妊活中の皆さん、体を温めて冬の時期もがんばりましょうね!